ぬいぐるみをキレイに洗うコツ

子供が肌身離さずずっと抱いているぬいぐるみ。
どうしても汚れて行ってしまいます。
しかし、ぬいぐるみって簡単いは洗えませんよね。
ぬいぐるみって抱いているだkでなく部屋の飾りとして置いておくだけでもすぐに汚れてしまいます。
ささっと簡単に洗濯機に入れて洗濯できれていいのですがそうもいきません。
かといってクリーニングにも出せません。
そこで脱ぐるみの洗いかtらもsh字っておきましょう。

まずはおしゃれ着洗濯用の中性洗剤やシャンプーをぬるま湯に溶かして、ぬいぐるみを洗うための洗剤液を作ります。
それを古い歯ブラシなどで、ぬいぐるみの毛の流れに沿って優しくつけて洗っていきます。
この場合、あまり力を入れてはいけません。
あくまで軽く軽く撫でるようにします。
後はぬるま湯につけ固く絞ったタオルなどで洗剤液を拭き取っていきます。
きれいに洗剤液を拭く取ったならば、風通しの良いところで陰干しをします。
特に直射日光を当てて乾かすとすぐに色落ちしてヒマうのでご注意ください。
色鮮やかなぬいぐるみも、なんとなくぼやけた色になりかねません。
脱ぐるみの形のい寄っては寝かして干すよりも威、吊り下げて干す方が型崩れが防げる場合もあります。
水気を含んだぬいぐるみは意外と重くなり、その自分の重さ人耐え切れないで型崩れをしてしまうことも考えられます。

ただ、実際にはできるだけぬいぐるみは洗わない方が賢明です。
ぬいぐるみの洗濯はどうしても、色落ちや型崩れは防げません。
ファブリーズなどで消臭除菌で済ませるほうが良いケースがほとんどです。
脱ぐるみの耐用年数は短い物。
そう割り切って、汚れてきたらさっさと捨てる覚悟も大事です。
もし、どうしても捨てられない脱ぐるみなら瓶ビール袋にきっちりと密封して、締まっておきましょう。
でも、そこまでして保管しておくのもぬいぐるみとしてどうなのかな?とも思います。
汚れてしまうくらい使ったほうがぬいぐるみもp喜んでその使命を果たしたと言えるのではないでしょうか。
カナダグース クリーニング 白洋舎

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です