髪の毛をツヤツヤにする秘訣

ここ数年「髪の毛のつやが消え失せてきた」と感じている場合は、ちょっとした習慣が髪の毛に悪影響をもたらしているのかもしれません。髪の毛をツヤツヤにしたい場合は、とりあえずは「どういう理由で髪の毛のつやがゼロになってしまったのか」を考えてみて下さい。髪の毛が傷むきっかけとなりやすいライフスタイルをご紹介していこうと思います。

シャンプー後、濡れてビショビショになったままの髪の毛を放ったらかしにしていると髪の毛が傷みやすくなります。髪の毛が濡れているときは、髪の毛の表皮である「キューティクル」が開いたとなっています。頭髪内部のタンパク質やうるおい感が逃げやすく、そのままかなりの時間放ったらかしにしていると髪の毛が空洞化しやすくなっていくのです。その上濡れてビショビショになった髪の毛は、外部からのダメージや摩擦にもセンシティブなんです。傷みがひどくなりやすく、「つやつやの髪の毛」を目標にする方にとって思惑通りの状態ではありません。お風呂場上がりはドライヤーを使用し、出来るかぎりスピーディーで髪の毛の水分を取り除くことが大事となります。

しょっちゅうヘアカラーやパーマを繰り返している方も、髪の毛が傷みやすくなっていくのです。元を辿ればヘアカラーやパーマは、髪の毛の内部に薬剤を浸透させることによって、カラーを付けたりウェーブを出したりしています。

施術にあたっては、髪の毛の表面に存在するキューティクルを薬剤で無理やり広げなければいけないのです。髪の毛が傷みやすくなってくるのは当たり前というわけです。しょうがないことですが開いてしまったキューティクルをまたきれいな状態に戻すということは、不可能に限りなく近いです。

ヘアカラーやパーマをする場合は、いつものように髪の毛に悪影響を及ぼしていると考えた方が良いでしょう。

ヘアアイロンやコテの利用も、つやのある髪の毛を目指すなら回避したいところです。

ヘアパーフェクターウィズケラナット 販売店

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です