音楽を聴きながら眠ると耳が遠くなる

音楽を聴きながら眠る人って意外と多いのですが、これが耳には悪いことをごぞんじでしょうか?
就寝時に音楽を聴くのは
耳のため
脳のため
休む時間を奪っているのです。
音楽のおかげで眠れたように思うかもしれませんが、実は耳も脳も眠れていないのです。

最近では眠るための音楽CDも販売されていますし、それで眠りが深くなると謳っています。
確かに、静かな瞑想用の極夜ヒーリング用の曲などを試してみるとよく眠れたように気がします。
しかし、それでも耳や脳が眠っている間にも働いていて休むことが出来ないでいるのです。

そこでおすすめなのは実際に音楽は聞かずに好きな曲や音をイメージするだけで聞いているような心地いい感覚になりながら眠ることです。
それを「サウンド・メディテーション」と呼ばれています。
ベッドや布団の上で横になりながら、静かに目を閉じ、気分が良くなる音や曲を思い浮かべるのです。
慮濃い鵜で行ったハワイの波の音
小川のせせらぎ
子供の笑い声
懐かしい子守歌
頭の中で想像して聞いているうちに、いつしかすっと寝入ってしまうのです。
差ウインド・メディテーションには副交感神経の働きを促して心身ともにリラックスさせる働きがありあmす。
さらに聴覚をリフレッシュし、耳を聞こえやすくする効果が期待できます。

しかし、すでに音楽を聴きながら眠るののが習慣になっている人もいるかもしれません。
音楽を聴きながら眠る習慣がついている人は、それがないと眠りに入れないと感じてしまいあmす。
これは脳が日頃の音楽を聴きながら眠るということに順応してしまっている恐れがありあmす。
そんな方は眠りながら聞く音楽はタイマーで自動的に切れるようにすることをおすすめします。

日中のたくさんのいろいろな音お聴いて耳も脳もつかれています。
せめて眠るとき具体は脳も耳も休ませてあげませんか?
それくらいの優しさがないといずれ耳も脳も悲鳴を上げて。聞こえにくくなる
つまり耳が遠くなてしまうのです。
みみ太郎 口コミ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です