転職したての薬剤師に無理は禁物

転職したての薬剤師さん
やる気に満ち満ち溢れていることってよくあります。
しかし、転職したての新しい職場でいきなり何でも対応できるわけではありあm線。
ブランクのある薬剤師ならそのブランクの間に診療報酬の大幅な改定や薬の種類も大きく変わっていおるからです。

転職したての薬剤師さんい注意して欲しのは、わからないことが格好悪いとか恥ずかしとか思わないでほしいことです。
分からないことを質問せずにそのままにしておくと投薬ミスを招いたりします。
あるいは、早く対応しなければと焦って確認もせずに誤った情報を医師や看護師や患者さんに伝えてしまったりもしてしまうかもしれません。
それがどんなに重大なことかは、何か起こってから気づくのでは遅いのです。

転職したての薬剤師なら新しい職場での戦力になるためには、それなりのい時間と経験が必須なのです。

今の自分でにできることを確実にこなしていく。
これだけを肝に銘じてください。
初めからその職場にいる同僚ベテラン薬剤師のようにふるまうことは誰も求めていません。
まずは目の前の患者さんい向き合って、格好つけるのではなく謙虚にひとつひとつの経験を積みう重ねることが大切です。

転職したての薬剤足なら
自分の調剤した薬剤が患者さんい投薬されることの緊張眼科あって当然です。
自分の考えや判断が正しいのか不安になることもあります。
自分ありの考察や評価はしつつも、出来る限りの判断ししながらでも必要な時は先輩や上司に相談することを躊躇してはいけません。
「私はこのように思いますが、これでよろしいいでしょうか?」
「病棟からこんな質問を受けておりますが、調べたことろ◎◎でしたのでそのように回答してよろしいですか?」
先輩薬剤足や上司二層確認することが大切です。
何事も無理や背伸びは最初は禁物です。
無理をすれば大きな失敗を招くリスクが大きくなるだけです。
だれでも最初はわからないことだらけで戸惑うものなんです。
薬剤師 転職 育休

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です