ウォーキングを始めよう!高齢者ほど歩け歩け!

運動と聞いて
「もう歳が歳だから」
と高齢者は避けがちです。
でも、なにも自部にまでいけと言っているわけではありあm線。
ただの散歩程度のウォーキングでもジュ分あのです。
ウォーキングは誰でも無理なく始めることができる運動です。
高齢者であっても自分位無理のないペースで始めればその効果は小さくありあm線。
ジムに通うほどでなくても
ジョギングとは言えないほど超スローペースであっても構いません。

ただ自分おペースでるくだけ
それだけでもりっぱな有酸素運動になりますし、関節などの負担も小さいものです。
てくてく歩くだけでもその運動の効果は期待できるのです。

そのウォーキングが楽しく名t5て来たら、歴史散歩や山歩きなどにステップアップしていっても構いません。
そrめおまた楽しい趣味になります。
また近くの公園で花や鳥をp観察するのもウォーキングの楽しみの日摂るになります。

ただ、そんなウォーキングでも正しいフォームで歩くほうがより高いが運動効果が得られます。
背筋をまっすぐに伸ばし、視線を前方に向けて歩きましょう。
ただ歩きやすい姿勢だと背中が曲がっていた理前かがみになってしまいがちになることに注意しておきましょう。
しっかりと腰を伸ばした状態で達、そこから歩き出すようにしてみてください。

歩いている時も、足の親指で地面を掴んで蹴りだすイメージで進みます。
また足が地面につく時には課かとpから着七素イメージです。
この時に腹囲らは義に緊張感があることを確認してください。
そして、次に両手を軽く振っていきます。
この歩き方をリズミカルに繰り返していくのです。

ウォーキングの時間も最初は約15分程度から始めて胃ってかまいません。
いきなり1時間も歩きだしたのなら、すぐに嫌になります。
ちょっとだけのウォーキングでも続けることが重要なのです。
できれば30分程度の時間はウォーキングの習慣を目指しましょう。

早く歩くことが目的ではありません。
しかk離としたフォームで歩くことが運動効果を上げるのです。
おばあちゃん 足が悪い プレゼント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です